投稿

4月, 2013の投稿を表示しています

知るほどに面白い二胡の歴史

イメージ
二胡の前身は中国東北地方の楽器、奚琴   二胡は、中国の唐宋時代に流行した「奚琴」と呼ばれる楽器が発展したものだとされています。当時は漢字の発音も異なるものだったと思いますが、現代中国語で奚琴は「シーチン」と発音します。日本語で読むなら、「けいきん」となるでしょうか。 奚琴に関する記述は、中国福建省出身で南宋の人、陳暘(1064年-1128年)が記した『楽書』に見られます。日本で言うと平安時代後期の頃の人ですね。このシーチンの画も『楽書』に残されたものですから、今から900年ほど前に描かれた画ということになります。『楽書』では、「奚琴とは北方の辺境に住む民族・奚族の楽器で、竹で二本の弦の間をこすって演奏する弦楽器」、とあります。弦の間に弓を入れ込むという奇抜な発想は、この奚族の皆さんによるものだったわけです。 奚族は唐から隋、更にその昔に遡る中国南北朝時代(439年-589年)ごろから、内モンゴル自治区の赤峰市から東北地方へ流れるシラムルン川流域に住んでいた民族で、のち唐王朝の滅亡後に突入する五代十国時代(907年-960年)には契丹(きったん)人の征服下に入り民族の同化が進みます。その契丹人もこの後、金国を建て清朝の主となる女真(ジュルチン)の民族に取り込まれましたから、時々「二胡は満州あたりの楽器だったんでしょ?」と耳にするのはこういう経緯からです。 韓国に二胡とよく似た楽器があるのをご存知でしょうか。ヘグムと呼ばれる楽器です。実は「ヘグム」とは「奚琴」のハングル読みで、現代でも漢字表記は「奚琴」です。奚族の暮らした地域である内モンゴル、吉林、遼寧、そして朝鮮半島にはこのように奚琴の名残が感じられる楽器をいくつか見つけることができます。 でも、二胡の「胡」は西方のペルシアを指し、シルクロードを渡って中国に伝来した、というお話もよく聞きますよね。ですが私はペルシアとかイランのあたりの事情はよく知りません。「胡」には確かに西方の異民族という意味もあり、かの地は東西の弦楽器の発祥の地とされていますが、それを理由に簡単に「二胡はペルシアから伝来したのだ」、と断定してしまうのは少し強引な気がします。でももしそうであれば非常に雄大な話で、ロマンを感じますね。確実なのは、竹を弦の間に挟んで演奏する奚琴という楽器が昔中国の内モンゴル~東北地方に存在し、それが二胡の前身だとされて