投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

北京サンバ(北京桑巴)

イメージ
こんにちは。数年前に作った曲を先日ようやく録音し、ビデオにすることができました。2003年から6年間を過ごした北京での生活を素材に作曲したものです。聴いて頂けるとうれしいです!

チャルダッシュ on 低音二胡

イメージ
突然ですが、チャルダッシュの録音に挑戦してみました。ある二胡工房の店主さんからお預かりしている、人工皮革の低音二胡を使っています。元々は二泉二胡がベースになっていて、サイズが普通の二胡よりも少し大きく作られています。弦は二胡よりも5度低く、GとDで張ります。 二胡でチャルダッシュを弾く時はキーをAmまで上げないといけませんが、GDで張った二泉琴や中胡だと原曲通りDmで弾けるのがイイですね。楽器が大きい分素早い動きはキツいですが…。何とかなっているような、なっていないような。 こちらの工房による人工皮は、何と和紙の貼り合わせ。和紙は強いというのは何となく耳にしますが、蛇皮の代わりになってしまうなんて信じ難いこと、まさに匠のなせる業ですね。匠によれば、人工皮を低音二胡に使うのは初めてとのこと。パリッとした響きが特徴的で、チャルダッシュのような曲にはとても合うように思います。 この低音二胡がきっかけで実は中胡が欲しくなりまして(持ってなかった…)、昨年秋ごろ北京の工場に制作をお願いし、先日出来上がったと連絡を受けました。輸入手続き中で、あと数週間のうちに手元に届く予定ですが、とても楽しみです。人工低音二胡と、新しく届く中胡、曲に合わせて使い分けて行こうかと思っています。

港区三田図書館ライブ 23 Feb.

イメージ
こんにちは!2月後半、東京港区でのイベントのお知らせをさせて頂きます。   春めく季節の調べ~二胡の演奏と朗読会 ■ 平成31年2月23日(土)14時より ■ 東京港区三田図書館 視聴覚ホール ■ 定員60名様(お申込み順) ■ お申込み:三田図書館(チラシをご参照下さい)   今回で出演3年目となるこのイベント、今年はこれまでよりも二胡の演奏時間を長く!、ということで仰せつかりました。継続してこのようにお声をかけて下さるのは本当に有り難いことで、図書館の関係者の皆さまに心からお礼申し上げます。また、去年、一昨年とおいで下さった皆様、本当にありがとうございます!今年も会場でたくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています。 数々の朗読作品を心に深く響く素敵なお声で聞くことができるのも毎年の大きな楽しみです。当日ご都合の合う方は、ぜひお越しください。よろしくお願い致します!